物件を契約する際には費用が発生。また、必要な書類も色々…

契約時に必要な費用

契約時に必要な費用

契約時に必要な費用

家賃(賃料)

前家賃のところがほとんどです。
前家賃とは、契約時に翌月の家賃を支払っておくことをいいます。

共益費

アパート・マンションなどの集合住宅では、エレベータ・廊下・またはそのための照明など、いくつかの共用部分があります。
それらの管理に必要な費用が共益費(あるいは管理費・雑費)と呼ばれるものです。

保証料

保証会社の利用料のことで、家賃の半月分、1ヶ月分が一般的です。
保証会社は入居の際に必要な保証人の代わりになり、万一あなたが家賃の支払いを怠った場合に、一時的に支払いの立て替えをしてくれます。

利用に当たって、保証審査があります。

火災保険料

賃貸契約をする際、必ず加入することになるのが火災保険です。
これは建物全体の火災保険ではなく、あなたが原因で火災を起こした場合の保険です。

火災以外のケース(水漏れ・泥棒被害など)でも保険が適用される場合があり、家財保険という呼び方をすることもあります。1年契約や2年契約が一般的です。

敷金・礼金・保証金と償却

敷金とは、将来の家賃の支払いを保証するために預けておく金銭のことです。家賃の3ヶ月分が一般的ですが、0~2ヶ月の物件もあります。
退去時に返還されますが、家賃の支払いを怠っている場合や、部屋の補修が必要な場合には、その金額が差し引かれます。

礼金は、貸し主に対して払うべきもので、家賃の1~2ヶ月が一般的です。退去時にも返還されません。

保証金は、敷金とほぼ同じ性格を持ちます。
償却は部屋を出る時に保証金から差し引かれるもので、家賃の不払いや損害の有無とは関係ありません。

仲介手数料

不動産会社を通して物件を借りる場合に、不動産会社へ成功報酬として支払うお金のことです。
媒介手数料(媒介報酬)とも言います。家賃の1ヶ月分が一般的です。

 

契約時に必要な書類

契約に必要な書類

  1. あなたの住民票・印鑑(または印鑑証明)
  2. 保証人と保証人の印鑑あるいはその証明
  3. 収入証明書の提出が必要な場合もあります。
    2の保証人は、万が一のことがあった場合にあなたに代わって債務を履行する人のことですから、親族になってもらうのが無難かもしれません。

契約書の内容は必ず確認を

物件の契約を取り交す前に、必ず内容をよく読み、十分に納得したうえで捺印しましょう。

契約書は通常2通作られます。
あなたの分が1通、貸し主に1通です。
それぞれ所持保管して、トラブル回避に努めましょう。鍵は、契約が終了し、家賃の支払いが完了した時点で手渡されます。

TOPへ戻る
カサブランカネット